• ホーム
  • はじめての方へ
  • ご利用ガイド
  • よくあるご質問
  • スキンロジカル商品一覧
  • お問い合わせ
  • 買い物かご
特集ページ 読むだけでもっとキレイになれる
vol.1

5月の紫外線は真夏より強い!?
〜予防のための毎日のビタミンCイオン導入〜

気候が暖かくなるにつれて、肌にとって気になるのが紫外線です。

春先からぐっと増え始める紫外線の強さは、ようやく暖かくなり始めたばかりの4月でも、残暑の厳しい9月とほぼ同じで、UVAの紫外線量に関していえば、真夏の7、8月よりも5月が年間で一番多いという驚きのデータが示されています。

肌老化の最大の原因のひとつといわれる紫外線ですが、肌をこの紫外線から守るために、これからの時期の対策はどのように行ったらよいのでしょうか?

毎日のスキンケアの積み重ねによって、3年後、5年後、10年後の肌や見た目全体の印象が大きく変わります。

さあ、今日から未来のために有効なスキンケアを行いましょう!

紫外線を正しく理解する

紫外線の脅威

これまで、生半可な紫外線の知識で、間違ったケアをしていませんでしたか? 紫外線にはUVAとUVB(A波・B波)があり、このうちUVAは肌のより深い部分(真皮の部分)まで到達しコラーゲンにダメージを与え、メラニンを黒色に変化させてシミの原因を作ります。

また紫外線によって体内で発生する活性酸素は、細胞を酸化させ肌老化を促進させてしまいます。このような紫外線によるダメージを光老化とよんでいます。肌老化は90%が紫外線の影響といわれています。できるだけ紫外線を浴びないようにするのが賢明です。

※UVA・UVBの皮膚到達図

5月は7、8月以上の紫外線量!

紫外線の“量”は、意外にも過ごしやすい気候の春に多いのです。UVAに関しては、真夏の7月、8月よりも5月が、年間で最も紫外線量が多いというデータがでています。これは、梅雨があり雨の多い夏季に比べ、晴天が多く雨の少ない5月は日照時間も長いので、紫外線量が多くなります。季節や気温にとらわれずに、日照を意識して紫外線対策をすることが必要です。

※紫外線量のグラフ

曇りの日や室内でもご用心

UVAは大部分が窓ガラスを透過し、曇りの日でも地上に到達します。室内や車内にいても紫外線を浴びるので、日常生活のなかで知らず知らずのうちにたくさんの量を浴びていることになります。UVAのダメージは、ボディーブローのように次第にその影響が積み重なり、表面化し始めるのです

シミを防ぐのは毎日のスキンケア

美白とはシミを防ぎ、できにくくすること

紫外線対策は日焼け止めが第一ですが、どんなに防御しても完全に紫外線をシャットアウトすることはできず、毎日必ず影響を受けています。そのため、スキンケアでも対策をすることが必須です。紫外線の「少しずつの蓄積」をしないように、毎日その都度スキンケアで対処していかなければなりません。これが、本当の「美白ケア」です。紫外線を大量に浴びてしまった後に慌てて行うスペシャルケアだけが「美白ケア」ではないのです。

毎日取り入れるビタミンC

「美白ケア」では、ビタミンC誘導体をはじめとする美白成分を、毎日積極的にスキンケアとして肌から直接取り入れてメラニンを作らせないようにします。ビタミンCは美白効果のほかにも<抗酸化作用><抗炎症作用>など紫外線の影響を多面的にケアすることができる優秀な美肌成分です。体内で生成することができないうえ、食品などで取っても皮膚までは到達することが難しいので、化粧品で毎日とり入れることが必要です。

イオン導入で肌への吸収を高める

美白ケアに高い効果を発揮するビタミンCですが、確実に肌へ浸透させてその効果を発揮させることができなければ意味がありません。通常のビタミンCは肌に直接塗っただけでは肌の表面部分にしか吸収されず、その力を発揮することができないのです。そこで、イオン導入という方法で、ビタミンC(誘導体)を微弱電流で浸透させると、肌の奥へと送り届けることができ、しっかりとその役割を果たしてくれます。

アフターケアよりもビフォーケア

美白ケアは予防ケアなので、できてしまった濃いシミなどをケアするのはなかなか難しいものです。うっかりと大量の紫外線を無防備に浴びてしまった後に、慌ててケアをするよりも、「できにくくする」「濃くならないようにする」ためにコツコツとケアを継続することです。

またアウトドアーのレジャーなどで、どうして紫外線の影響を強く受けてしまうことがあった場合は、事前の2週間くらい前から積極的にビタミンCを取っておくとその影響を軽減できるといわれています。

スキンロジカルのおすすめ「ビタミンC」配合商品




ページトップへ