• ホーム
  • はじめての方へ
  • ご利用ガイド
  • よくあるご質問
  • スキンロジカル商品一覧
  • お問い合わせ
  • 買い物かご

Calendar Loading

イオン導入とは

イオン導入とは「化粧水に配合された成分をより深く送り届ける方法」です。 もとは、医療の分野において薬剤を肌に浸透させるために使われてきた方法で、マイナス(−)やプラス(+)の電気を帯びた水溶性の薬剤を、電流の力で浸透させるしくみです。

例えば、イオン導入化粧水に配合されている成分として知られている、アミノ酸やビタミンC誘導体は、マイナスの電気を帯びています。そのため、電極を当ててマイナス(−)の微弱電流を流すと、マイナス同士が反発しあい、成分は肌のバリア機能を突き抜けて肌の深くまで浸透していきます。これがイオン導入のしくみです。

イオン導入イメージ図

ビタミンCの場合では、ただ肌に塗布したときと比べて100倍以上も浸透するというデータが出ています。

イオン導入のメリット図
イオン導入のメリット

1.成分を大量に肌に送り込める

第一のメリットは「必要な成分を効率よく、大量に送り込める」ということ。
ふつうのスキンケアではローションやクリームを塗ってそのままということが多く、あとは自然に浸透していくのを待つしかありません。
そのため、実際に肌へ浸透していく成分量は肌に塗った量に比べると非常にわずかなものなのです。
イオン導入は、成分に電気的な力を与え、それによって積極的に大量の有効成分を送り込むことができます。

2.浸透性を高められる

そもそも皮膚は、外部から異物が入るのを防ぐために「バリアゾーン」というものがあって、肌を保護するという意味では大変重要な役割を果たしているのですが、肌に有効な成分の浸透も妨げてしまうといったマイナス面も持ち合わせています。
ですから水溶性の物質はどんなに効果があるものでも、ただつけたり、塗ったりするだけでは、なかなか肌の中に浸透していきません。
そこでイオン導入を行うと、バリアゾーンを突き抜ける「電気の流れ」が生じることで、有効成分を浸透させることができるのです。

イオン導出とは

イオン導出とは、電気の力を利用して、肌に残存する汚れなどを吸着させて取り除く方法です。 水またはイオン導出化粧水を媒介として、プラス(+)の電極で反対のマイナス(−)に帯電した汚れを吸着します。

マイナスに帯電した汚れには、排気ガスやタバコの煙、ほこりなどがあります。 一方で、マイナスの電極を使ってプラスに帯電した汚れを吸着させる方法もあります。 プラスに帯電した汚れには、化粧品に含まれる鉱物や古い角質などがあります。

イオン導出イメージ図





ページトップへ