• ホーム
  • はじめての方へ
  • ご利用ガイド
  • よくあるご質問
  • スキンロジカル商品一覧
  • お問い合わせ
  • 買い物かご

Calendar Loading

Home > ビタミンCとは
ビタミンC誘導体とは
美のために作られたビタミンC誘導体
ビタミンC誘導体とは、ビタミンCを安定させるために作られたビタミンCのことです。
ビタミンCの様々な肌への効果が高いことは、ご存知の通りですが、水溶液にすると酸素や熱に弱く、酸化しやすいので安定させるのが非常に難しいのです。

そこでビタミンCの不安定さを改善するために作られたのがビタミンC誘導体といわれるもの です。
ビタミンC誘導体とはピュアビタミンCに、別の物質を結合させることによってピュアビタミンCの約8倍以上といわれる安定性や吸収性を高めたもので、皮膚に吸収されるときに肌自身の酵素によってビタミンCになります。

ビタミンC誘導体の特徴は何といってもそのままでは皮膚から吸収されないビタミンCを吸収できるようになる点。

肌の奥へビタミンCが供給されることで、細胞増殖を促したり、活性酸素を除去したり、コラーゲンの生成を促したりということが期待できます。

特にビタミンCは体内で生産することができず、蓄積することもできないので、毎日肌に与えることがとても重要です。

ビタミンC誘導体ってなに?


肌のためにはビタミンCは飲むより塗るのが効果的
“ビタミンCは、飲むより塗る”が効果的と言われています。

サプリメントなどで摂取したビタミンCは、血管や脳などで吸収された後に皮膚に運ばれます。
よって、最後に到達する皮膚の中でも体全体の3%しかない顔の皮膚には、機能の低下した少量のビタミンCしか摂取されていないのです。

しかし、ビタミンCをイオン導入した場合には、飲むよりも効果的に、更には肌に単純塗布するよりも、肌の奥へ届けられます。


コラーゲン生成に不可欠なビタミンC
肌の弾力を保ち、若々しく見せてくれる成分「コラーゲン」。

生成されたコラーゲンはビタミンCによってコラーゲン層へ運ばれ、新しい肌を作り始めます。
コラーゲンを肌に作るには、ビタミンCが必要不可欠なのです。

ビタミンCは体内で作り出すことが出来ないので、毎日与えることが大切です。

その吸収性のひとつの目安となるのが「水溶性」であるということです。

私たちの肌はいつくかの層に分かれ、それぞれ大切な機能を担っています。
中でも重要なのが表皮の一番下に位置する「基底層」とさらにその下にある「真皮」という部分です。

肌のはりはこの真皮層でつくられるコラーゲンがもととなりエラスチンによって肌の弾力へとつながるのです。

ビタミンCの美肌作用を最大限に期待するならば、肌の奥深くまで浸透させることが何より重要。そのために欠かせないのが「水溶性」であるということです。


ビタミンCの持つさまざまな効果
ビタミンCには様々な効果が期待できます。

毛穴の開き
過剰な皮脂分泌により開いた毛穴を閉じるには、皮脂分泌を抑え、皮脂の排出をよくすることが必要です。ビタミンCは皮脂分泌を正常にすることで、開いた毛穴を改善します。 また、たるみによって開いた毛穴にはビタミンCのコラーゲン増生作用により肌の弾力を高めることでキメが整い、毛穴が目立たなくなります。

しわ、たるみ
皮膚の代謝をよくし、活性酸素を除去することでコラーゲンやエラスチンを守り、肌の老化を防ぎます。さらにはコラーゲン生成を促進し肌の弾力を高めるので、重力に負けない引き締まった顔になります。

しみ、くすみ
しみ・くすみの原因となるメラニン色素の産生を押さえます。
肌のターンオーバーを正常にすることで、できてしまったメラニンの排泄を促します。

にきび
ニキビの原因である炎症を起こす活性酸素を除去することで、皮膚の炎症が治まりニキビを改善します。また皮脂分泌を抑える作用もあるため、ニキビ予防にも最適です。
ニキビ跡の色素沈着を緩和、ニキビによる凹凸をコラーゲン増殖作用により改善します。
ニキビによる肌トラブル全般に効果があります。

乾燥肌
角質細胞間脂質であるセラミドの合成に欠かせないビタミンC。ビタミンCは肌にもともとあるセラミドの保湿作用を強化することで、バリア機能をバックアップ。乾燥知らずのお肌へと導きます。

 


ビタミンC配合 商品ラインアップ
ビタミンC+アミノ酸 ビタミンC ビタミンC+プラセンタ


アミノシーローション150mL


アミノシーローション300


VCローション150mL


VCローション300mL


Cエッセンス55mL


PCローション150mL





ページトップへ