• ホーム
  • はじめての方へ
  • ご利用ガイド
  • よくあるご質問
  • スキンロジカル商品一覧
  • お問い合わせ
  • 買い物かご

Calendar Loading
イオン導入の疑問にお答えします!
イオン導出の疑問にお答えします!
ブロードイオンの疑問にお答えします!
イオン導入液の特性を理解する!
さらにイオン導入を理解する!
イオン導入をした際のスキンケア方法は?

イオン導入は、化粧水の成分を肌の隅々まで送り届ける方法なので、化粧水を手のひらやコットンで肌につけるよりも、浸透が高くなります。
そのため、イオン導入後にさらに化粧水をつける必要はありません。また、成分が肌の深部へ届いて作用を活性化させているので美容液さえも必要がなくなります。
同様に化粧水の浸透を高めるブースター化粧水等も必要ありません。
イオン導入の後に、乳液やクリームなどで保湿を行うだけでスキンケアは充分です。

推奨のイオン導入頻度

化粧水を浸透させるための方法がイオン導入ですから、できるだけ毎日のスキンケア時にイオン導入を行いましょう。

イオン導入器の電流値によっては、毎日行うと肌の負担になる場合もありますが、スキンロジカルの「ブロードイオン」とイオン導入化粧水は、毎日朝晩の一日2回行っても肌には負担とならないように、電流値や化粧水の成分濃度は設定がされています。

イオン導入の効果はいつわかる?

ブロードイオンは、基本的に毎日の使用が推奨です。その場合、個人差もありますが約1ヶ月程度使用を継続して肌の変化を感じ始める方が多いようです。使用頻度が、この半分の2日に1回になれば、効果がわかるのは倍の約2ヵ月程度になり、3日に1回の週2〜3日の場合は3倍の約3ヶ月程度というのが目安です。

使用頻度が少なくなれば、効果がわかるまで時間がかかり継続するモチベーションも下がってしまいますので、使い始めから約1ヶ月程度はできるだけ毎日行い、早く効果を実感することをお勧めします。

どの化粧水でもイオン導入に使えますか?

全ての化粧水が、イオン導入に使える訳ではなく、イオン導入に使う化粧水にはいくつかの条件がそろっていなければなりません。

  1. 油分が含まれていない液体であること
  2. 水に溶けて電気を帯びる水溶性の美容成分(ビタミンC、アミノ酸、プラセンタ、トラネキサム酸など)が含まれていること ※油溶性の成分(ビタミンA・Eなど)は不適
  3. 美容成分の分子サイズが小さいこと(分子量約600以下) ※分子の大きいヒアルロン酸などは不適
  4. 防腐剤が含まれていないこと

このような条件の揃ったものは、一般的な化粧水としてはあまり販売されていませんので、「イオン導入専用」の化粧水を使うことが適切で安全です。

防腐剤(パラベンやアルコール)とイオン導入

イオン導入では、美容成分を肌の隅々まで浸透させることができますが、それ以外の成分も分子が小さくてイオン化されれば(電気を帯びれば)肌の奥まで浸透します。 そのため、その成分が肌にとって好ましくないものの場合は、肌トラブルの原因になる可能性があります。

パラベンは化粧品に多く用いられている一般的な防腐剤で、安定性や実績もありますが、やはりそこは防腐という機能をもつ成分です。 化粧水の種類によってはパラベンはイオン化することがあり、イオン導入で肌の奥に浸透した場合は、普通に肌に塗布した場合よりも刺激は強くなり、肌トラブルとなる可能性は高まります。

パラベンのほかに、代表的な防腐剤としてエタノールやエチルアルコールがあります。これらには菌の発生を抑える抗菌作用があり、多くの化粧品に使用されています。 イオン導入に関していえば、これらアルコール類はイオン化されないので肌の奥に浸透することはなく、パラベンのようなトラブルの原因となることはありません。 けれども、肌の表皮部分には浸透するので、肌が乾燥したりアレルギーを起こすなど肌に与える刺激は少なくないので、イオン導入化粧水には不向きと言えます。

イオン導入(導出)前のふき取り化粧水の使用について

イオン導入(導出)をする際の肌は、何も塗布されておらず皮脂さえもできるだけ付着していない状態が最適です。

ふき取り化粧水は肌表面の汚れを拭き取ると同時に、その化粧水に含まれる様々な成分が肌に付着します。 そのうち例えばパラベンなど、イオン導入によって肌に浸透すると好ましくない成分もあるため、ふき取り化粧水をイオン導入(導出)前に使用することは適切ではありません。

イオン導入器をお使い頂けない方

イオン導入の電流は、肌の表面を流れます。 基本的に肌の内部や体の内部にある異物(金属など)に通電することはありませんが、万が一電気が伝わった場合には異物に電気が集中してしまう可能があるため、下記の事項に該当する方は使用をお控え頂くか、医師等の専門家に確認したうえでお使い頂くことをお勧めします。

≪お使い頂けない方≫
  • 妊娠中の方
  • ペースメーカーを使用している方
  • 肌(顔)荒れがひどい方
  • 美容整形で糸を挿入している方
  • ピアスやネックレス等の金属製アクセサリーを着けたままの方(ケア中はは外す必要があります)
≪使用可能な方≫
  • 授乳中の方(胸の周囲は避けて下さい)
≪使用可能ですが注意が必要な方≫
  • 歯科矯正中の方
  • インプラントを施されている方
  • 骨にボルトを埋めている方

これらの条件の方は、基本的には問題なくお使い頂けますが、ご不安がある場合には専門家(医師等)にご確認頂いたうえでお使い頂くことをお勧めいたします。

金属アレルギーでもイオン導入器を使える?

金属アレルギーの方でも、イオン導入器「ブロードイオン」を使うことは可能です。

「ブロードイオン」は、金属が埋め込まれたクリップを指に挟み、そこから皮膚に電気が伝って循環する仕組みになっています。 金属が肌にふれるのはこの指のクリップ部分だけですので、これを他の方法で行えば金属アレルギーの方でもお使いいただくことが可能です。

≪金属アレルギーの方向けの使用方法≫
  1. フェイスパッドに「Face Pad」クリップを挟む
  2. デコルテパッドに「Finger」クリップを挟む
  3. コインマスクに液を浸し、広げて顔につける
  4. デコルテパッドを片方の手の指に挟みながら、フェイスパッドを両手で持ち顔にのせて左右を抑えながら15秒と上下を抑えながら15秒のイオン導入を行う
イオン導入が肌に合うか心配な方のお試し方法

金属アレルギー以外にも、イオン導入が体質に合わない方もいます。微弱電流が刺激となる方や、導入する化粧水中の成分(ビタミンCやアミノ酸など)が合わない方などです。

使ってみたいけれど不安がある方は、まずは段階的に試してみましょう。

≪イオン導入化粧水が肌に合うかを試す≫
イオン導入はせずに、化粧水を肌に塗布してみましょう。まずは二の腕などの目立たない部分に塗布し、異常がなければ顔に塗布してみてください。

≪イオン導入を行って問題ないかを試す≫
化粧品を塗布して問題がなければ、次にイオン導入で化粧水を浸透させることを試してみましょう。これもまず二の腕などで試してから、異常がなければ顔に導入します。

イオン導入を行って、肌が赤くなる、痒くなるなどの症状が出た場合は次のような原因と対策が考えられます。

症状原因と対策
ピリピリ感じる 電流が強すぎる。MやLの弱いモードで試してみましょう
肌が赤くなる・痒くなる等 ビタミンCが合わない。化粧水に水を加えて成分の濃度を下げて試すか、ビタミンCが配合されていないイオン導入化粧水に変えてみましょう
肌が赤くなる・痒くなる等 アミノ酸が合わない。化粧水に水を加えて成分の濃度を下げて試すか、アミノ酸が配合されてないイオン導入化粧水に変えてみましょう

ホルモンバランスの崩れや季節柄等によって、肌が敏感になり状態がよくない場合は、一時的にイオン導入が刺激となることがあります。このような場合は、しばらく使用を休んで改善してから使用するようにしましょう。














ページトップへ