• ホーム
  • はじめての方へ
  • ご利用ガイド
  • よくあるご質問
  • スキンロジカル商品一覧
  • お問い合わせ
  • 買い物かご
特集ページ 読むだけでもっとキレイになれる
vol.26

ビタミンC誘導体化粧水を朝、外出前に
使って大丈夫?
~朝使うとシミになるは嘘!使うタイミングと紫外線の影響~

「朝のスキンケアにビタミンC誘導体の化粧水を使うとシミができる・・・」こんなウワサを聞いたことがありませんか?

この話は都市伝説で、外出前の朝のタイミングでビタミンC誘導体の化粧水や美容液を使ってもシミができやすくはなりません。

なぜこのような都市伝説が生まれたのでしょうか?原因には、レモンなどに含まれる“ソラレン”という物質が関係しています。

紫外線の影響を受けるのはビタミンCでなく“ソラレン”

レモンやライム・グレープフルーツの果皮やパセリなどに含まれるソラレンは、光毒性のある物質です。

紫外線に対する感受性を高めるので、ソラレンを多く含む食品を食べた後に外出して日光を浴びると、肌は紫外線の影響を受けてシミやそばかす、肝斑などができやすくなります。

ビタミンCとソラレンは無関係

ソラレンはビタミンCと全く無関係の物質なので、「ビタミンC誘導体の化粧水を朝使って紫外線を浴びるとシミができる」ということはありません。

なぜソラレンとビタミンCが混同されて、このようにいわれるのでしょうか?

レモンとビタミンCの組み合わせが誤解を生んだ!?

都市伝説が生まれた原因は、レモンとビタミンCのイメージの結びつきが強いことです。

紫外線の影響を受けやすいのはソラレンというビタミンCとは全く関係のない物質なのに、「レモン=ビタミンC」のイメージから「(ソラレンを多く含む)レモンを朝食べるとシミができやすい」という話がいつのまにか、「ビタミンCの化粧品を朝使うとシミになる」へと誤った解釈をされるようになったのです。

ビタミンC誘導体はシミの予防に効果的な成分

ビタミンCはメラニンの産生抑制・還元作用のほかにも、抗酸化力で紫外線に対する抵抗力をつけるのに役立つ成分です。

シミができやすくなるどころか、紫外線から肌を守りシミをできにくくする美白の有効成分です。

年間を通して毎日朝晩のスキンケアに取り入れることができ、使うタイミングは外出前の朝のスキンケアでも問題ありません。

レモンのソラレン含有量はごくわずか!危険性なし

レモンやグレープフルーツのソラレンは、ほとんどは果皮に含まれていて含有量もごくわずかです。

通常の飲食から摂取するソラレンの量では、紫外線の影響を受けてシミができやすくなることはほとんどありません。

「ビタミンC誘導体化粧水を朝使うとシミになる」は嘘!

朝にビタミンCの化粧品を使うとシミになりやすいという事実はありません。

レモンに含まれるソラレンの光毒性から、誤った解釈で生まれた都市伝説です。

ビタミンCは、シミを予防しその他にもエイジングケアなどたくさんの美肌効果のある万能の成分です。

朝夜どちらも使うタイミングに問題はありません。イオン導入で浸透させれば、さらに効果が高まります。ぜひお試しください。


ビタミンCを効果的に浸透させるおすすめアイテム
全顔15秒の時短イオン導入美顔器
ビタミンC誘導体配合イオン導入化粧水
高濃度ビタミンC配合イオン導入美容液




ページトップへ