• ホーム
  • はじめての方へ
  • ご利用ガイド
  • よくあるご質問
  • スキンロジカル商品一覧
  • お問い合わせ
  • 買い物かご
特集ページ 読むだけでもっとキレイになれる
vol.13

洗顔料選びはエイジングケアの重要ポイント!
〜洗顔石けんのメリットとその効果〜

肌の乾燥は、エイジングの最大の原因と言っても過言ではありません。

メイクのノリを悪くするばかりでなく、 シワを目立たせ、肌がくすんで老けた顔に見せてしまいます。

また、身体の乾燥では痒みをともなうこともあります。

乾燥という肌悩みの解決方法のひとつに、洗浄に石けん使うという方法があります。

石けんを使うことのメリットとその効果はどのようなものでしょう?

洗顔の役割

化粧品の種別のうち、メイクなどの油性の汚れを落とすものを「メイククレンジング」、ホコリや汗などの水性の汚れを落とすものを「洗顔料」といいます。

洗顔料は皮膚上の汚れを泡に吸着させて洗い流す方法で洗浄し、洗顔石けんや洗顔フォームなどがこれに該当します。

肌に最適な洗顔料を使い正しい方法で洗顔を行えば、肌の乾燥を改善しエイジングを予防することができます。

洗顔石けんと洗顔フォームの違い

洗顔石けんは、適正な油脂(ヤシ油、パーム油、オリーブ油、ヒマシ油など)や高級脂肪酸(ステアリン酸、パルミチン酸、ラウリン酸など)を混合し、水酸化ナトリウムと一緒に加熱させて成形したものです。

一方で、洗顔フォームなどは石けんなどの洗浄成分をクリーム状にしたもので、それにエモリエント剤や保湿剤などが加えられています。

便利さと使い心地の落とし穴

洗顔フォームなどは、泡立ちのよさや、うるおいが残るといった使い心地のよさから人気が高く、現在は洗顔料の主流となっています。

けれどもそれは、一方ではダメージを与える可能性がある落とし穴でもあります。泡立ちの良さは界面活性剤が多く使われているためであり、すすぎ後の「うるおい感」や「しっとり感」は、本来の目的である洗浄以外の成分が多く含まれているからです。

洗顔後にしっとり成分である油分が肌に残ったり、洗浄が十分でなく皮脂が残存していると、それが酸化し活性酸素という老化の原因を生み出すことになります。

洗顔石けんのメリット

一方で、洗顔石けんは汚れをきちんと落とし、洗顔後の肌に余分な皮脂や油分を残しません。

また、古い角質を取り除く効果もあるため、老化の現れである肌のくすみを防止する効果もあります。コストパフォーマンスの面でも洗顔フォームよりも石けんのほうが効率的です。

しかしながら、「泡立ちが悪い」「保管しにくい」など、便宜的な面から敬遠されがちです。

ここで洗顔の本来の目的をもう一度考えてみましょう。それは肌の汚れを落とし皮膚を清潔にすることで、それが毛穴の開きや汚れ、シミやシワなどのエイジングを予防することにもなります。

その効果を最大限に果たしてくれるのが洗顔石けんです。使い方のコツを掴めば最良の洗願アイテムであることは間違いありません。

洗顔石けんを使った正しい洗顔方法とポイント

  1. 洗顔の前には手を洗って汚れを落とす(皮脂が付くと泡立ちにくくなる)
  2. まずは、ぬるま湯で顔を素洗いする
  3. 石けんをよく泡立てる(ポイント:泡立てネットを利用し、ぬるま湯をたっぷり加えて泡立てる※水よりも湯を加えた方が泡立ちやすい)
  4. 皮脂分泌の多いTゾーンに泡をのせてなじませ、次に頬や顎などのUゾーンになじませる
  5. 肌と手の間に泡を挟み、泡でクルクルと円を描くようにする(ポイント:肌を直接触ってゴシゴシ擦らない)
  6. ぬるま湯で丁寧に洗い流す(ポイント:髪の生え際やフェイスラインなどは泡が残りやすいので注意)

毎日の洗顔には石けんを使って、肌老化の予防をしませんか?


スキンロジカルのおすすめ商品




ページトップへ