イオン導入研究所
イオン導入研究所

成分セミナー6【ビタミンC】ビタミンCが肌に逆効果&効果がでないのはなぜ?

世の中の多くの女性が、ニキビや目立つ毛穴、シミやシワなどの悩みを改善して色白でキメの細かい美しい素肌になりたいと思っています。
美肌にあこがれる人の誰しもがその効果をよく知っている成分「ビタミンC」には、様々な種類があります。
種類によってビタミンCの効果の現れ方が違うばかりか、使用によって肌にダメージを与えてしまうものまであります。
ネットや雑誌にあふれる広告につられて、ドラッグストアやECサイトで「ビタミンC配合」とコピーがついている商品を安易に選んではいませんか?
ここではビタミンCの種類と効果の違いを説明して、商品の選び方をご案内します。

ピュアビタミンCorプロビタミン

ビタミンCの種類

ピュアビタミンC

アスコルビン酸、アスコルビン酸Na、アスコルビン酸Caなど

化粧品に含まれるピュアビタミンCは、開封後比較的早く分解してしまいます。すなわち、肌に塗れば一時的に肌には浸透するものの、肌の内部でコラーゲンを合成したり、メラニン色素に働きかけたりすることなく壊れてしまうのです。

さらに、効果を期待して高濃度で塗布すると、肌の表面で酸化されて肌の刺激になることがあります。これはピュアビタミンCが壊れると、一部がビタミンCラジカルという活性酸素の性質をもつようになり、かえって皮脂の分泌や細胞の酸化を促進してダメージを与えることがあるからです。

ピュアビタミンCは壊れやすいため、化粧品への配合には酸化防止剤を加えている場合が殆んどです。このような品質保持のための添加剤は、肌に刺激を与え、かぶれなどの症状を引き起こす場合があります。ビタミンCの濃度が高くなれば、それに比例し添加剤も多くなるため、肌が敏感になっている時期や肌が弱いと感じている方の使用はおススメできません。

プロビタミンC(ビタミンC誘導体)

アスコルビルリン酸Na、リン酸アスコルビルMg、アスコルビン酸グルコシドなど

プロビタミンCは、従来のビタミンCにようにすぐに分解されてしまうのではなく、肌から吸収されたのちに肌細胞の中にある酵素の働きによって、徐々にビタミンCに変わっていきその効果を発揮します。

これは壊れやすいピュアビタミンCに様々な物質を結合させることで安定化させ、体内に吸収されることで、結合物を切り離して純粋なビタミンCとしてその効果を発揮できるという仕組みで開発された新しいビタミンCです。この誕生によって、美肌へのビタミンCの効果は飛躍的に上がり、美容皮膚科でも多く利用されるようになりました。

プロビタミンC/グルコシド型とリン酸型の違い

グルコシド型

「ビタミンC誘導体配合」「プロビタミンC配合」とうたわれている市販の化粧品のうち、もっとも多くに配合されているのがグルコシド型のプロビタミンCです。その理由として、価格が安いことや化粧品の中で安定していることがあげられます。

このグルコシド型は、結合物のグルコースを体内で外して純粋なビタミンCに変わるまでに24時間以上かかります。人間の体内にこのグルコースを切り離す酵素が極端に少ないためです。すなわち、24時間かかっても、純粋なビタミンCに変換されて肌に効果を発揮できるのはごくわずかということです。

そのため、ほとんどのプロビタミンCがピュアビタミンCに変換されないまま肌に残り、それらは肌の毛細血管の血液の流れによって肌以外の場所に運ばれて行ってしまうのです。

リン酸型

美容皮膚科で使われている化粧品には、主にこのリン酸型のプロビタミンCが用いられています。グルコシド型に比べて安定性が若干低く、肌が弱酸性なのに対して弱アルカリ性という性質をもっているにもかかわらず、ビタミンCの効果を発揮できるという点では秀逸だからです。

純粋なビタミンCにリン酸を結合させたリン酸型は、肌に吸収されると基底層にあるフォスファターゼという酵素の働きによって1〜24時間かけてゆっくりと徐々にリン酸が外れていきます。このように時間をかけて純粋なビタミンCに変換されていくことで、ビタミンCの効果を持続的にさせているのです。

一方のグルコシド型では、リン酸型で分解する役割を果たすフォスファターゼに該当する酵素が極端に少ないため、純粋なビタミンCに変換することが難しいというわけです。

イメージしてみましょう。

夜の8時に肌のお手入れをします。その時に肌に吸収されたビタミンC誘導体は、ゆっくりと時間をかけて純粋なビタミンCに変換されながら肌細胞でその効果を発揮していきます。 そして12時間後の朝8時にまたスキンケアをすればその効果がまた最大24時間程度持します。 人の肌細胞内で、絶え間なくビタミンCが働いているということになります。

グルコシド型の場合は夜8時に吸収されたビタミンCはそのほとんどが純粋なビタミンCに変換されることはなく、効果を発揮することもないまま肌に留まり、 そのうち血液によって肌以外の部分へ運ばれて行ってしまいます。効果を発揮できるのは、変換できたわずかな純粋なビタミンCだけです。

ビタミンC配合商品の選び方

ビタミンCはどんなに安定性がよくても、その効果を発揮出来なければ意味がありません。ましてダメージを与える可能性があるのであれば、リスクを避けるほうが肌の健康を保つために大切です。

そこで、ビタミンCの効果を実感したい場合は「リン酸型」のビタミンCが配合された化粧水を選ぶことがおすすめです。

ビタミンC配合の化粧品を選ぶ際に、配合成分を確認し「リン酸アスコルビル○○」「アスコルビルリン酸○○」といった表示名のリン酸型が配合された商品を選ぶようにしましょう。

「ビタミンC誘導体配合」と記載されているのに明らかに値段が安価な商品の場合はグルコシド型である可能性が高く、ビタミンCの効果はあまり期待できないと考えたほうが無難です。表示されている配合成分をチェックしてみてください。

イオン導入セミナー
成分セミナー
【ビタミンC】
【アミノ酸】
【トラネキサム酸】
【プラセンタ】
【フィチン酸】
【ビタミンE】
【グリシルグリシン】
大人のニキビセミナー
肌セミナー
化粧品セミナー

ページトップへ戻る

Iontophoresis Laboratory
Copyright (c) スキンロジカル All Rights Reserved. 当サイトに記載されている記事・写真・図表などの無断複製、無断転載を禁じます